フェルゼアについて about FERZEA

フェルゼア商品

フェルゼアブランドとは

フェルゼアは、1988年に
乾燥対策ブランドとして誕生。
天然保湿成分『尿素』に早くから着目し、
手荒れ、角化症などの
ハンド&ボディの乾燥肌に向き合ってきました。
そして2021年秋、
医薬品生まれの優れた
保湿成分『ヘパリン類似物質』を有効成分とし、
繊細な顔などの乾燥を考えた、
フェルゼアプレミアムシリーズを新発売。
肌の乾燥が気になる方の気持ちに寄り添い、
メディカル発想で挑み続けます。

顔などの乾燥を考えた、メディカル発想のヘパリン※スキンケア プレミアムシリーズ ※ヘパリン類似物質

顔などに使いやすい
顔などの乾燥が気になる方に
ムラなく塗れる泡タイプの化粧水
(医薬部外品)
顔などの乾燥を治す
乾燥肌を保護して保湿するクリームタイプ
(第2類医薬品)
目元、口周りのポイントの乾燥を治す
乾燥肌に密着して保湿するソフトバームタイプ
(第2類医薬品)

手足・体などの乾燥に、尿素配合のスタンダードシリーズ

手足・体などの乾燥に
手指のあれ、ひじ・ひざ・かかとのカチコチに
なめらかな肌触りで、しっとり心地よいクリームタイプ
(第3類医薬品)
かゆい粉ふき肌に
メントールのさっぱり感と塗り心地の良い
ローションタイプ
(第2類医薬品)
カサカサ手足に
しっとりした使用感が続く、みずみずしい
クリームタイプ
(指定医薬部外品)

肌のカサカサ,かかとがカチコチ,かゆい粉ふき肌… その原因は乾燥でした。

乾燥のメカニズム

肌が乾燥する原因はひっかく、こすれる、洗い過ぎ、
空気の乾燥、気温の低下などの外的な原因と、
老化やホルモンバランスの乱れなどの
内的な原因があります。
肌が乾燥してくると角質層をもっと作ろうとして
ターンオーバーが短くなり、
未熟な角質層が増えることで、保湿機能が
不完全になり、さらに肌の乾燥が進みます。

乾燥のメカニズム 皮膚表面の断面〈イメージ図〉

尿素とは?

尿素とは1773年に尿中から発見された物質。
皮膚に元来備わっている保湿成分である、
天然保湿因子(NMF)のひとつ。

水分を引き寄せる性質を持ち、お肌の水分を保って乾燥を防ぎます。

角質除去:皮膚表面の古くなった角質を取り除く,角質軟化:硬くなった角質をやわらかくする,保湿:水分を引き寄せて潤いのある肌にする

余分な角質を取り除き、肌を正常化するしくみ

尿素には、皮膚表面の角質を作るタンパク質に作用し
余分な角質を除く働きもあり、
潤いを保つだけではなく、お肌をやわらかく
なめらかにする作用もあわせ持っています。

1.尿素は肌に浸透して,2.水分を引きよせます,3.古い角質はやわらかくなって剥がれ,4.うるおいのある正常な肌に
1.尿素は肌に浸透して
2.水分を引きよせます
3.古い角質はやわらかくなって剥がれ
4.うるおいのある正常な肌に

尿素20%配合と10%配合、
どう違う?

フェルゼアのクリームタイプは2種類。尿素20%配合医薬品の「フェルゼアHA20クリーム」、尿素10%配合指定医薬部外品の「フェルゼア クリームM」です。どちらも角質を柔らかくし、保湿する作用がありますが、尿素20%は10%に比べて水分保持作用が高く、硬くなった角質をやわらかくします。フェルゼアは尿素の配合に加え、するすると延びてなめらかな使い心地にもこだわりました。10%は乾いたお肌のケアに、20%はガサガサ手あれ、カチコチかかとのケアにおすすめです。

薬理作用 尿素濃度
20% 10%
角質除去
角質軟化 角質軟化
保湿 保湿

参考文献/株式会社じほう:OTCハンドブック2013.1024
ケラチン研究値:臨床皮膚科29(7).608-619(1975)より一部改変